YUKAI

Works 2016 > しぶや区ニュース 2016

しぶや区ニュース 9月1日号 2016
photo:TADA

ゆかい企画“触れるシリーズ”「声に触れる」
“星野概念のメンタルヘルススーパー銭湯 vol.7” 開催

2024年2月17(土)に、ゆかい企画“触れるシリーズ”「声に触れる」、
“星野概念のメンタルヘルススーパー銭湯 vol.7〜”を開催します。

おかげさまで7回目を迎えるメンタルヘルススーパー銭湯。
これまでたくさんの方にご参加いただいておりますが、初めての方も、これまでにご参加いただいた方も、
あらたな気づきや心の声に触れられる機会になれたらと思います。

また、今回はサウナとワークショップの間に少しゆったりとできるようランチタイムを設けました。
当日はサウナの後にぴったりな、サウナラボ神田スペャルメニュー「台湾風ととのい粥」と「濃すぎるゆず茶」を
当日限定で販売いたしますので、そちらもお楽しみいただければと思います。

みなさまご参加、心よりお待ちしております。

<ワークショップ風景>
「主催者からご挨拶。サウナについて、対話について、などのお話が少し」

「最初に、その時の気持ちをカードに書いておく。サウナ後のワークショップで使われます」

「サウナを経て、畳が敷かれた部屋でワークショップ。流れを説明しています。ガッツポーズしているのではありません」

「2人組になって、はなす・きく、のワーク。最初は小さく」

「じっくりはなす、じっくりきく、というのは、やってみると新鮮で、意外と難しいかもしれません」

「徐々に対話を拡げていきます」

「みなで共有した場に、感想や思いを置いていきます。言葉のロウリュ」
—–

「声に触れる」
ゆかいワークショップ「触れる」シリーズでは、このたび「声に触れる」と題し、精神科医である星野概念さんをゲストに招き、人のこころの声をテーマとしたプログラムで、サウナと組み合わせたあたらしい形態のワークショップを開催します。

ワークショップのタイトルは、星野概念の「メンタルヘルススーパー銭湯」です。

まだ、あまり知られていないかもしれませんが、サウナの本場フィンランドのかた田舎にある精神科の病院で、オープンダイアローグという対話をじっくり深めていく実践方法が発祥して、精神医療の世界を中心にじわじわと広がっているそうです。サウナと直接関係するか?はわかりませんが、どこか不思議な縁を感じています。

この治療法というべきか?概念そのものは、これからのこころの声を紐解くヒントになると考えている精神医療関係者も多くみられます。中でも今回のゲスト、星野さんの考えるこれからの治療、あるいは対話のあり方として、病院という場から飛び出し、開かれた場でこころの声を聞いていく仕組みをつくることを今後の活動方法の一つとして想定しているそうです。

神田ポートでも、同じようにサウナとの組み合わせで解決や回復へとこころが動く気づきを見出せる場づくりを実験的に出来るようなアイデアを持ち込み取り組んでいます。

ぜひあたらしい試みとしてのこの機会に、内的なこころの声と対話する時間の共有を、参加されるみなさまと一緒に体験していただければと思います。

神田ポートビル クリエイティブディレクター
池田晶紀

「メンタルヘルススーパー銭湯」
サウナに触れている時、自分の中からいろいろな声が湧いてくるのを感じます。

「今日は何セットキメようかな」などの実務的な内容から、全くサウナと関連のない連想まで、その声は様々です。
このような自分の中で湧き続ける声は、人と話す時にも生じています。

それらの全てが、言葉になって外に出るわけではありません。なんだかもやもやと湧いてきて、言葉という形にすぐにはならずに漂っているだけのものも多いです。

忙しない日常の中だと、湧いていることに自分でも気づかずに消えていく声もたくさんあるでしょう。

でも、なかなか言葉にならない声の存在、とても気になります。

僕が興味のある対話の実践では、自分の中にどんな声が湧いているのか、普段よりもじっくり、ゆっくりと意識したり言葉にしてみることを目指します。

サウナで緩んだ心身から湧く声はどんな声なんだろうか。

自分の中の声に思いを馳せつつ、他の人が発する声を聴くと、さらにまた自分の中で新たな声が湧くのを感じることでしょう。静かに、無限で複雑。

僕が考える「メンタルヘルススーパー銭湯」には色々な形がありますが、サウナ後に対話的な取り組みをするのは初めてです。ロウリュをしたサウナストーンからくゆる湯気のように湧く声に、そっと触れてみるような体験はきっと、とても緩やかな新鮮さがあるような気がします。

精神科医 星野概念

—–

ゆかい企画“触れるシリーズ”「声に触れる」
“星野概念のメンタルヘルススーパー銭湯 vol.7”

開催日:2024年2月17日(土)
定員:男女 各8名 ※先着順/定員になり次第、受付終了。
料金:6,500円 ※サウナ料金を含みます
講師:星野概念(精神科医)
会場:サウナラボ神田/神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビルB1F、1F)
URL:https://kandaport.jp/event/20240124
企画:株式会社ゆかい

【タイムテーブル】
10:00〜10:30 入場受付 ※10:30までには受付をお済ましください。
10:30〜12:30 サウナラボ神田のサウナ体験(貸切120分)※冒頭10分にサウナレクチャーあり 
12:30〜13:30 ランチタイム
13:30〜16:00 メンタルヘルスワークショップ ※途中、小休憩あり。

【サウナラボ神田スペャルランチメニュー】
「台湾風ととのい粥」600円(税込)
「濃すぎるゆず茶」400円(税込)

【申込方法】Peatixイベントページよりお申し込みください。
https://koe-ni-fureru-07.peatix.com

【講師プロフィール】
星野概念(ほしのがいねん)
精神科医 など。
精神科医として働くかたわら、執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。著書に、いとうせいこう氏との共著 『ラブという薬』(2018)、『自由というサプリ』(2019)(ともにリトル・モア)、単著『ないようである、かもしれない〜発酵ラブな精神科医の妄言』(2021)(ミシマ社)がある。

ゆかい企画 “触れるシリーズ” 「鉄に触れる」 開催

「触れる」をテーマとして展開している、ゆかい企画によるワークショップ。
今回は、神田ポートでも個展「元気な鉄」を開催する鉄作家・小沢敦志による、
「鉄に触れる」を2024年2月3日(土)に開催します。

ワークショップでは、小沢が叩いた鉄の素材を使います。
それらを溶接で組み合わせ、「生き物」をテーマに小沢と一緒に作品を作りあげていきます。
鉄材はたくさんご用意いたしますので、時間と材料の許す限り何個でも制作をお楽しみいただけます。

なお、今回使用する鉄材は、2019年に小沢が石川県で集めたものを使い、
ワークショップの収益は能登半島地震の義援金として寄付させていただきます。

みなさまお申し込みお待ちしております。

※完成作品イメージ

ゆかい企画 “触れるシリーズ”
「鉄に触れる」
開催日:2024年2月3日(土)
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
参加費:5,000円(材料費込)
定員:各回6名
対象:小学生以上(小学生未満は要保護者同伴)
時間:第1回/11:00〜13:30 第2回/15:00〜17:30
企画:株式会社ゆかい
URL:https://kandaport.jp/event/240117

お申し込み方法:Peatixイベントページより事前にお申し込みください。
※定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます。お申し込みありがとうございました。
https://tetsu-ni-fureru.peatix.com

※義援金は石川県が開設した受付先に寄付いたします。
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suitou/gienkinr0601.html

【講師profile】
小沢敦志 Atsushi Ozawa
鉄作家。1979年栃木県生まれ、2003年武蔵野美術大学工芸工業デザイン科金工卒、東京都立川市にOZA METALSTUDIO設立。 鉄素材で道具を作ることと、鉄で作られた道具を素材に戻すこと。対照的な両者を生業としながら、人工物と自然物との中立点を探る。主な恒久設置作品として、一冊の街(2009/立川市役所)、舟底の記憶(2013/宇野港)、樹憶(2014/アンダーズ東京)、地熱の扉(2017/いちはらクオードの森)、時の葉脈(2018/日本橋高島屋S.C.)、野鍛治の門冠(2020/ハイアットセントリック金沢)、YO-GAN-PLANT(2021/神田ポートビル)、WOKOR’S SKETCH(2023/ヒルトン横浜)など。
http://ozametal.com/

「大原大次郎+菊地敦己 Post Credit」 クロージングレセプション 開催

「大原大次郎+菊地敦己 Post Credit」の会期最終日の1月14日(日)17時より、
クロージングレセプションを開催することといたしました。

おかげさまで昨年より大変多くのお客さまにご来場いただいております。
心よりお礼申し上げます。

当日は大原大次郎さん、菊地敦己さんのお二人も会場におりますので、
ご都合のつく方はお友達などお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

みなさまのご来場お待ちしております。

「大原大次郎+菊地敦己 Post Credit」 クロージングレセプション
開催日:2024年1月14日(日)
時間:17:00〜19:00
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
料金:入場料、会費とも無料
URL:https://kandaport.jp/event/20240113

「大原大次郎+菊地敦己 Post Credit」 写真:池ノ谷侑花(ゆかい)